▲ 

安全を守る取り組み

3. 逆走防止対策

(1)逆走事案の発生状況

  • 全国の高速道路では、概ね2日に1回の頻度で逆走が発生
  • 逆走事案の約6割は、インターチェンジ(IC)、ジャンクション(JCT)で発生
  • 75歳以上の割合は、免許保有者の6%であるのに対し、逆走した運転者の45%を占める

逆走事案の発生状況

(2)逆走事故の発生状況

  • 逆走事故は、死傷事故となる割合が高速道路での事故全体に比べ約5倍、死亡事故となる割合が約40倍

逆走事故の発生状況

(3)逆走が発生しやすい場所とパターン

  • 目的の出口を通過してしまい、本線上やIC部でUターン
  • 行き先を間違え、本線合流部でUターン
  • SA・PAで流出ランプを間違える など

インターチェンジ付近で

インター付近で逆送の例

SA・PA付近で

インター付近で逆送の例

(4)対策

逆走を防ぐために、多様な逆走対策を実施しています

大型矢印路面標示、ラバーポール、高輝度矢印板(高速道路本線合流部)

大型矢印路面標示、ラバーポール、高輝度矢印板(高速道路本線合流部)

大型矢印路面標示(ランプ合流部)

大型矢印路面標示(ランプ合流部)

注意喚起看板(休憩施設)

注意喚起看板(休憩施設)

矢印路面標示・出口案内(休憩施設)

矢印路面標示・出口案内(休憩施設)

矢印路面標示、注意喚起看板(インターチェンジ出口)

矢印路面標示、注意喚起看板(インターチェンジ出口)

注意喚起看板(休憩施設流入部)

注意喚起看板(休憩施設流入部)