▲ 

情報板の種類と見方

順調時

高速道路には、交通集中渋滞や事故の詳細をお知らせするための様々な情報板が設置されています。

情報板を有効に活用していただくことで、より快適・安全に高速道路をご利用いただけます。

ここでは、具体的なケースを挙げて情報板の種類や役割、見方などを見やすくご紹介しています。ぜひご覧ください。

【情報板表示パターンシミュレーション】
「順調時」  →  「事故通行止時」  →  「さらに落下物発生」  →   「通行止解除直後」  →  「順調時」
順調時

高速道路が順調に流れている状態を表しています。

各情報板をクリックしますと、それぞれの役割について詳しくご覧いただけます。

順調時 Wジャンクション手前情報板
情報の優先度

お客さまにとって重要度の高い事象を優先して表示します

【事象の優先度ランク】

※数字が少ないほど優先度が高くなります

  • 通行止め
  • 冬タイヤ規制
  • 長い渋滞(15km以上)
  • 短い渋滞(15km以下)
  • 車線規制/事故・故障車・落下物
  • 速度規制
  • その他
直近の事象を優先して表示します

※例外もありますので、その旨ご了承ください