HOME >尾道松江線開通記念特集 >鉄の歴史博物館
尾道松江線開通記念特集タイトル

鉄の歴史博物館

 出雲地方では、古くより「たたら製鉄」が盛んに行われており、全盛期には全国の鉄生産量の7割~8割を占めることもありました。その中心的な役割を担ったのが全国屈指の鉄山師と呼ばれる「田部家」です。田部家が経営していた「菅谷たたら」を中心とする雲南市吉田町は、現在「鉄の歴史村」として製鉄の歴史と文化を今に伝えています。
 「鉄の歴史博物館」では、たたら製鉄の歴史について説明されているほか、当時使われていた道具や鍛冶師の作業場の展示を通して、たたら師たちの生活を知ることもできます。
 近くには「菅谷たたら山内」「鉄の未来科学館」があり、お得な3館共通券も販売されています。3ヶ所全てを回ることにより、たたら製鉄についてより深く知ることができます。ぜひ足を伸ばしてみてください。

基本情報

所在
島根県雲南市吉田町吉田2533  地図


開館時間
9:00~17:00(入館は16:00まで)


休館日
毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)


入館料
一般510円(410円)、小・中学生250円(200円)
※(  )内は20名以上の団体料金



駐車場
あり(無料)


問合先
鉄の歴史博物館 電話0854-74-0043


アクセス
県道38号を利用して、
松江道 雲南吉田IC より5分
料金検索はこちら
尾道松江線周辺観光情報はこちら






HP


ページの先頭へ