HOME> ドライブコース >岡山エリアドライブコース(新見市)

ドライブコースタイトル
バックウェイウェイ
岡山Cコースタイトル
岡山Cコース日程表

夢すき公園「親子孫水車」「紙の館」
夢すき公園「親子孫水車」「紙の館」
紙の館ではオリジナル作品製作ができます

親子孫水車
昭和の中期ぐらいまでは、各地区に水車が有り、米等のとう精・製粉が行われていました。最近ではほとんどみることが出来なくなりましたが、本来の水車の形を重視した「日本一の親子孫水車」(親13.6m、子6.0m、孫4.5m)として再現されました。
紙の館
紙すき体験館では、実際に紙漉きの体験が出き、和紙が出来るまでを目と体で楽しむことが出来ます。
また、自分だけの愛着ある和紙製うちわが簡単に作れ好評です。

■所在地:岡山県新見市神郷下神代1977-1
■問合先:新見市神郷紙の館・水車 0867-92-6577
■営業時間:8:30~17:15
新見市ホームページ



矢田石仏
文化財石造美術としての指定を受けています

高さ1.2mほどの石英班岩の自然石に線で阿弥陀如来坐像が彫られています。石仏に記された銘から供養塔として建立されたものと思われます。
鎌倉時代の文永2年(1265年)に造られており、石仏として県下でも2番目に古いものとされ、文化財石造美術としての指定を受けています。

■所在地:岡山県新見市哲西町矢田
■問合先:新見市哲西支局地域振興課 0867-94-2112
矢田石仏



鯉が窪湿原
鯉が窪湿原
300種類を超える貴重な植物・昆虫が生息しています

「西の尾瀬」とも形容される湿原で、北方系や満鮮系の残存植物をはじめとした多彩な湿生植物が自生しています。
標高約550mと尾瀬沼より1,000m以上も低く、中層湿原としては極めて珍しいオグラセンノウやビッチュウフウロ、ミコシギクなど貴重な植物が見られるほか、ハッチョウトンボなど希少種の昆虫が多数生息しており、西日本を代表する学術的に貴重な湿原です。

■所在地:岡山県新見市哲西町矢田地内
■問合先:新見市哲西支局地域振興課 0867-94-2112
     鯉が窪湿原湿原管理事務所 0867-94-2347
■開場期間:4月下旬から11月初旬
新見市ホームページ



JAあしん広場
御当地グルメ「千屋牛」は絶品です

JAあしん広場は旬の新鮮野菜の「ふれあい市場」、加工品・お土産の「特産館」、農産・園芸資材の「グリーンセンター」、そして名物千屋牛を味わえる焼肉レストラン「焼肉千屋牛」があります。
「千屋牛」は新見市の豊かな自然と先人の知恵が育てた黒毛和牛。その肉質がやわらかく、風味豊かな肉は全国に広く知られています。

■所在地:岡山県新見市正田397-2
■問合先:ふれあい市場 0867-72-7705
     グリーンセンター 0867-72-7706
     特産館 0867-72-3017
     焼肉千屋牛 0867-72-6605
JAあしんホームページ
JAあしん広場



御殿町
御殿町
昔ながらの町屋や商家があります

明治中頃のたたずまいを残す「太池邸」など、御殿町センターを中心に昔ながらの町屋や商家が立ち並んでいます。
「太池邸」は明治時代の商家で、木造2階建ての建物や土蔵には格子やなまこ壁が残り風格を感じさせます。

■所在地:岡山県新見市
■問合先:新見御殿町センター 0867-72-6660



新見美術館
お庭も素敵です

新見美術館はJR新見駅近くの小高い丘に平成2年11月に開館しました。
現在では1,100点余りの作品を収蔵しており、中でも富岡鉄斎の書画等約80点は高い評価を受けています。
常設展に加え、1年を通じて様々な展覧会が開催されています。館の周囲は憩いゾーンとして庭園が整備され、四季を通じて新見の自然に親しむことができます。

■所在地:岡山県新見市西方361
■休館日:原則月曜日、展示替期間中、年末年始(12/27~1/4)
■問合先:新見美術館 0867-72-7851
新見美術館公式ホームページ
新見美術館

ページの先頭へ