HOME> ドライブコース >広島エリアドライブコース(庄原市、神石高原町)

ドライブコースタイトル
バックウェイウェイ
広島Cコースタイトル
広島Cコース日程表

帝釈天永明寺
帝釈天永明寺
風情あるお寺でゆっくりとした時を過ごすと心が落ち着きます

霊峰石雲山のふもとに位置し、帝釈峡の名の由来ともなった帝釈天を祭る真言宗醍醐派の寺。
和銅2年(709年)行基菩薩の開基と伝えられ、古くから慈悲深く衆生に幸福を授ける仏様とあがめられています。

■所在地:広島県庄原市東城町帝釈未渡2101
庄原市観光情報公式サイト



白雲洞
帝釈峡の鍾乳洞を代表する洞窟。奥行きはなんと200m!

石灰岩が水に浸食されてできた、帝釈峡の鍾乳洞を代表する洞窟です。
内部は広く鍾乳石、石筍、石柱などが自然のまま保存されています。
中はひんやりと涼しく、夏に訪れるのが特におすすめです。

■所在地:広島県庄原市東城町帝釈未渡
■問合先:白雲洞 08477-6-0062
帝釈峡観光協会
白雲洞



唐門・鬼の供養塔
唐門・鬼の供養塔
自然がつくりだした芸術

鬼の唐門
帝釈峡の支流にかかる天然橋。古い鍾乳洞が崩落して、入口の部分だけが天然橋として残っています。高さ約8mの門は通り抜けられ、さらに門の上に高さ約4mの「鬼の窓」と呼ばれる穴があります。
鬼の供養塔
10mにもおよぶ石柱は、帝釈天に命じられて雄橋・雌橋を造った陰陽二鬼神の供養塔と言われています。

■所在地:広島県庄原市東城町帝釈未渡
■問合先:帝釈峡観光協会 08477-2-0525
帝釈峡観光協会



雄橋
石灰石でできた国の天然記念物

渓水の争奪作用によって作られ、長さ90m、幅19m、高さ40mの規模を持つ、世界3大天然橋の一つとされています。
自然が創りだしたこの橋は「神の橋」とも呼ばれ、国の天然記念物に指定されています。
遊歩道を徒歩で散策するほか、駐車場から雄橋間を往復する馬車やレンタサイクルがあります。

■所在地:広島県庄原市東城町帝釈未渡
■問合先:帝釈峡観光協会 08477-2-0525
帝釈峡観光協会
雄橋



断魚渓
断魚渓
約3億年前にできた渓谷で、帝釈川唯一の急流

帝釈川唯一の急流で下流の魚が上流にのぼっていけないことからこの名がつきました。
約3億年前に形成された、激しい流れと周りの木々がおりなす絶妙な景観をお楽しみ下さい。

■所在地:広島県庄原市東城町帝釈
■問合先:帝釈峡観光協会 08477-2-0525
帝釈峡観光協会



帝釈峡まほろばの里「時悠館」
建物がとても素敵。ひろしま建築文化賞優秀賞を受賞!

時悠館は、縄文時代から1万年以上にわたる東城町の歴史と文化、帝釈峡の自然を展示紹介しています。
石器でどんぐりを割る体験コーナーや、天然記念物「雄橋」・大山供養田植・比婆荒神神楽のDVD上映(無料)もあります。

■所在地:広島県庄原市東城町帝釈未渡1909
■開館時間:9:00~17:00(入館可)
■休館日:毎週水曜日(祝日の場合翌日)、年末年始(12/29~1/4)
■問合先:帝釈峡まほろばの里 08477-6-0161
帝釈峡まほろばの里「時悠館」ホームページ
帝釈峡まほろばの里「時悠館」



スコラ高原 レストハウス帝釈の里
スコラ高原 レストハウス帝釈の里
極上広島和牛の味をお楽しみください

極上!国産和牛ロースは格別のうまさ。名物、炭火焼きの国産和牛バーべキューで最高のひと時をどうぞ。
その他おすすめメニューは焼肉定食、軍鶏地鶏ミックス、神石のカルビ丼、山菜うどん・こんにゃくラーメン等。

■所在地:広島県神石郡神石高原町相渡2167
■営業時間:レストラン 10:00~17:30
■休業日:レストラン 火曜日(紅葉の時期は営業)、年末年始(12/29~1/3)
■問合先:スコラ高原総合案内所 0847-86-0535
帝釈峡スコラ高原ホームページ



神龍湖
四季折々の景色を遊覧船から楽しめます

周囲24km、全長8kmの人造湖で、両岸には岩壁がそびえたっています。初夏の新緑、秋の紅葉と季節ごとに異なる景観を楽しめます。
湖上の遊覧船からは、40分ほどの間に自然の力強さとやさしさを感じることができます。

■所在地:広島県庄原市東城町~神石郡神石高原町
■問合先:帝釈峡観光協会 08477-2-0525
帝釈峡観光協会
神龍湖



徳雲寺
徳雲寺
家紋の「鬼」の字 第1画の「ノ」が欠けています

文安3年(1446年)に覚隠禅師(かくいんぜんじ)が開山した名刹徳雲寺 。
この寺には鬼伝説があり、15世紀の半ば頃この地方に鬼が住んでいて、人をさらって石臼ですりつぶして食べてしまうと怖れられていました。
旅の途中でこの話を聞いた覚隠禅師は鬼を仏法で改心させました。その際に鬼が改心した証として、自分で角を折って置いていったと伝えられています。この逸話にちなみ、徳雲寺の寺紋は「鬼」の字から第1画の「ノ」を除いたものとなっています。

■所在地:広島県庄原市東城町菅751
■問合先:徳雲寺 08477-4-0534

ページの先頭へ